車の下取りってどういう意味?

Q:車の下取りってどういう意味?

A:新車ディーラーで今まで乗ってた車を売ること

車の下取りは、新車を買う際にディーラーで今まで乗ってた車を、新しく車を買うディーラーで売る、つまり買い取ってもらうことです。

わざわざ「下」取りって言う意味は、あんまりよくわからないし、慣例でそう言ってるだけで、語源とかもよく分からないらしい。

 

わざわざ「下取り」って言わなくても「買い取り」でいいんじゃね?

って思うかもしれないけど、実は下取りと買い取りでは意味が違います

 

下取り:新車ディーラーで、新車を買う前提で車を売ること
買い取り:買取専門店、中古車販売店で車を売ること

まあざっくり、ディーラーで売るときは下取りって名前になる、って覚えておけばいいでしょう。

新車を買うときは、普通は今まで乗ってた車は、ディーラーで売りますので下取りになります。中古車を買う、ただ車を手放す場合、買い取りになるでしょう。

 

ただ新車を買う場合でも、買い取りの方がいい

何故かと言うと、単純に査定額(つまり車を売った時に入るお金)が高くなります。

昔は新車を買うから、下取り額も高くしますっていうディーラーが多かったんだけど、今は自動車業界も厳しくて、下取りではほとんど二束三文のお金になっちゃうことが多い。

 

何で買って言うと、新車ディーラーは中古車を売るのが苦手だから

中古車屋さんは、中古車を売るプロだし、回転も早いので高く買い取っても利益が出るんですよね。買取専門店も、実は中古車屋さんと提携してたり、同じところが経営してたりするので高値になる。一方、ディーラーは下取りした車を自分のところで売れないから、(安くでしか売れない)カーオークションに出品したり、一般ユーザーと同じように買取専門店に販売したりする(笑)

なのであんまり高値で買い取れないんですよね。

 

って言うわけで、車を売るときは買取専門店で売るほうが高値が付きます。さらに複数の買取専門店の相見積もりを取れるサービスがあります。それだとさらに、買取額が高くなりますよ。

 

買い取り専門店の相見積もりはこちらで

参考記事:車の下取りと買い取り、何が違うの!?

このページの先頭へ