ディーラーで下取りしてもらうデメリットは?

Q:ディーラーで下取りしてもらうデメリットは?

A:査定額が安いこと

新車を買うときって、今まで乗ってた車はディーラーで下取りしてもらうのが普通だと思う。普通の流れとして、自然に下取りしてもらってたと思うけど、これって実際にはどうなんだろう?

 

ディーラーの査定は2~3割安い

ディーラーで下取りしてもらうのってディーラーで下取りしてもらうメリットは?で書いたとおり楽チンでいいんだけど、実は通常の2~3割は安く買い叩かれる。これはディーラーが悪徳だからってワケじゃなく、ディーラーは新車を売るのが仕事で、逆に言えば中古車をさばくのが苦手なんです。

 

反面、ガリバーのようなテレビCMでもおなじみの買取専門店の場合、中古車販売店と直結しているので、すぐに買い取った車(あなたの車)をさばける。

つまり多少高値で買い取っても商売になる

わけです。

 

実はディーラーって、下取った車をそのままお店で販売するのってかなり難しくって、多くの車がオークションにかけられる。中には下取りした車を買取専門店に出すこともあるみたいで、それならユーザーが直接出すのが一番オトクなわけです。

 

2~3割変わるってことは、査定額が数万円なら大した差じゃないけど、100万円超えるような車だったら最低でも20万円は違うってことなので、高い車ほど買取専門店に出す方がいいかもしれません。

 

 

高く売るなら相見積もりを取ろう!

買い取り専門店の相見積もりはこちらで

参考記事:車の下取りと買い取り、何が違うの!?

このページの先頭へ