ディーラーで下取りって査定額はどうなの?

Q:ディーラーで下取りって査定額はどうなの?

A:どうしても査定は安くなる

新車買うときって、今まで乗ってた車は、どうしてもディーラーで下取りっていう流れになると思う。ぶっちゃけそのほうが簡単だし、余計なこと考えなくていいから楽ちんなんだけど、査定額だけで考えるなら買い取り専門店に出すほうが高値が付く。

 

どのくらい変わるかっていうと、一般的には20~30%変わると言われています。査定額が数万円なら大した差じゃないけど、100万超えたら20万円以上違うってことなので、結構な額ですよね。

 

なんでディーラーでは査定額が安くて、買い取り専門店では高くなるかっていうのは、車の下取りと買い取り、何が違うの!?で詳しく書いているからそっちを読んでもらいたいんだけど、読むの面倒な人のために簡単に書いてみると、

ディーラーは中古車を売るのが下手

ってことに尽きると思う。ディーラーは新車を売るのが専門。一方、買い取り専門店は中古車販売の業者と直結しているので、買い取った車(あなたの車)をすぐにさばけるんです。なので多少、高値を付けてもすぐに売れるから問題ないってわけ。

 

もちろん査定額だけじゃなくって、ディーラーとの関係もあるから・・・とか考えるかもしれないけど、実はディーラーも車を下取りしたいわけじゃない。それよりも気持ちよく新車を買ってもらったほうが嬉しいので、あんまり気にしなくていいと思う(もちろん下取りに力を入れてるディーラーもあるけど)。

 

結論としては・・・

ディーラーは、査定額が安め
高い査定は買取専門店で

 

高く売るなら相見積もりを取ろう!

買い取り専門店の相見積もりはこちらで

参考記事:車の下取りと買い取り、何が違うの!?

このページの先頭へ