車検が残ってる場合、車の下取り査定は変わる?

Q:車検が残ってる場合、車の下取り査定は変わる?

A:確実に数万円変わります

車検が残ってるかどうかで、車の下取り査定は変わります。残ってれば残ってる方が、当然ですが車自体の査定額も変わってきます。

 

でも、車検が残ってる場合、一番注意しなくちゃならないのがこちら。

・自動車税(軽は除く)
・自動車重量税
・自賠責保険

下取りをすると言うことは、名義が変わってくるので、これらのお金は月割で帰ってきます。

 

例えば排気量1.2L、重量1200kg、乗って3年で車検1年残ってるとしたら

自賠責保険:28,780円÷2=14,390円
自動車税:34,500円÷2=17,250円
自動車重量税:24,600円÷2=12,300円
合計:43,940円

最低でも、43,940円はお金が返ってくるはずなのです。

 

よくこんな話を聞いたことありませんか?

「ホントは値段付かないんですが、1万円だけ付けさせてもらいますね~」

 

車検が残ってるにも関わらず、こんなこと言われたら、そのディーラーは信用できないと思ったほうが良いです。本来ならお金は返ってきますし、その分はネコババしているってことですから。

 

大手の買い取り専門店では、風評被害がありますので、ほとんどこういう詐欺まがいのことはしてません。どのみち車体の査定も高く付くことが多いので、買取専門店で車を売るのがいいでしょう。

 

高く売るなら相見積もりを取ろう!

買い取り専門店の相見積もりはこちらで

参考記事:車の下取りと買い取り、何が違うの!?

このページの先頭へ