走行距離は1年1万キロ!下取り査定額の関係

走行距離は1年1万キロ!下取り査定額の関係

車は新車に近ければ近いほど、高く売れます。つまりは新しい車、あんまり走ってない車が高く売れるわけです。んで一応、査定は1年1万キロを境に変わるらしい。

 

1年1万キロ以上 → マイナス査定
1年1万キロ以下 → プラス査定

例えば同じ5年落ちの車でも、6万キロ走ってたら査定額は下がって、4万キロしか走ってなかったら査定額は上がるってワケです。

 

もうひとつ、走行距離で目安になる数字が8万キロと10万キロです。8万キロ超えると査定が下がり、10万キロ超えると大幅に査定が下がっちゃいます。なのでタイミングが合えば8万キロ、10万キロの前に売っちゃったほうがいいでしょう。

 

でもね、はっきり言って走行距離なんて、ドライバーそれぞれじゃないですか?査定額を上げるためにあんまり走らないなんてのは本末転倒だと思うんです。車は走ってなんぼです。あんまり気にしないで走ったほうがいいと思いますけどね~

 

高く売るなら相見積もりを取ろう!

買い取り専門店の相見積もりはこちらで

参考記事:車の下取りと買い取り、何が違うの!?

このページの先頭へ